イタリア料理とイタリアワイン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

遅摘みのブドウから造った白ワインと。。。

我が家のワインセラーに眠っているワインたち。。。。
高級なものもあれば、とってもお手頃なワインまでさまざま。
そのワインの味わいを、より引き立てるかどうかは、レシピを考える私の役目。
通常は、お料理を考えてから、ワインを選ぶ、と言うことが多いのです。

私はごたごた手を加えたお料理って苦手です。
最近は、著明レストランでは、実験室から出てきたようなお料理が流行っています。
あれって、厨房でどのくらい触っているのかしら~って気になってしまうのです(もちろん、手袋しているのでしょうけど)。
おふくろの味、昔からあるシンプルなお料理が好きです!

プリモ:シーフードのスパゲッティ
セコンド:アンコウ
付け合わせ:ホワイトアスパラ
ドルチェ:そば粉のアーモンドプードルのケーキ
ワイン:オルトゥレポー・パヴェーゼ DOC

まずは、シーフードのスパゲッティ。具は3種類の貝です。
ムール貝、アサリ、そしてファゾラーリと呼ばれるハマグリに似た貝。日本では、ヨーロッパワスレ貝と呼ばれます。ボンゴレのスパゲッティを作る要領で、まずはフライパンに貝を入れ、白ワインを少し加え、蓋をしてゆっくり貝が開くのを待ちます。
別のフライパンに、オリーブオイルを入れ、ニンニク、唐辛子を入れ香りを出し、用意した貝を加え、汁も加えて、2~3分中火にかけます。そこへ茹であがったスパゲッティを加え、みじん切りにしたプレッツェ-モロをぱらぱらとかけたら出来上がりです。
何も同じ貝がなくても、手に入る貝で大丈夫ですよ!
香の良いオリーブオイルは不可欠ですけれど。。。。

DSC01673.jpg

セコンドは、アンコウ。
イタリアでは一年中アンコウが出回っています。
まず、アーティチョークの硬い部分を取り除き、櫛形に切ったら、レモン水に漬けてアクを抜きます。
ぶつ切りにしたアンコウに小麦粉を軽くまぶします。
フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りのニンニクと唐辛子、アンコウを加え、色づくまで炒め、そこに、輪切りにしたシシトウと水気を切ったアーティチョークを加え、さらに炒めます。
白ワインとだし汁を加え、塩をし、15分ほど中火で煮こみます。
おなじみのアンコウが、イタリアンになりました!

DSC01684.jpg

そして、まさに今が旬のホワイトアスパラ!
硬い部分は、皮むきで削ぎ、10分ほど茹で、縦に半分に切ります。
バットにパン粉、プレッツェ―モロ、ナツメグ、塩、胡椒、粉チーズを混ぜておきましょう。
軽くホイップした卵の白身にくぐらせたアスパラを、用意したバットに入れ、きれいにまぶしたら、バターを溶かしたフライパンで、きつね色になるまで軽くソテーします。

DSC01789.jpg

今日のワインは、ミラノの南、最近注目されているオルトゥレポーの白。
遅摘みしたピーノ・グリージョ。思わず期待が高まります!
抜栓した直後は、控えめな香だったのに、5分ほど経過したら、バラの香りやら、南国のフルーツの香りやら、華やかな香がどんどん出てきました! 遅摘みのせいで、色もちょっと濃いめの藁色。グラスに注ぐ様子を見てると、とろみがあって、グリセリンが豊富なのが想像できます。
ゲブルツトゥラミーネル???と思ってしまうような、それはそれは素晴らしい香。
ちょっとモスカート種を思い出すような香もあり、テルペン系の香がいっぱい!
ミネラル香もあって、こんな華やかな白を飲むのは久しぶり。。。
塩味も酸味もしっかりしていて、それでいてまろやか。。。
最初はちょっと冷え過ぎていたので、後味にビターアーモンドのようなほろ苦みを感じました。
少し高めの、そうですね。。。10℃近い温度で飲んだほうがいいような気がします。
とっても満足できるワイン。
カレーにも合いそう。。。。
控えめなシーフードではなく、スパイスが効いた一品に合わせるとピッタリ。
ビンテージは2011だけど、後2~3年寝かしてもいいかもしれません。

DSC01824.jpg

そば粉と小麦粉、そしてアーモンドプードルも使ってケーキを焼きました。
ミラノの北、ヴァルテッリーナ地方では、そば粉を食べる習慣があります。そば粉のパスタの名前はピッツォッケリ。
この地方では、一昔前までは、日本のように夏の終わりには、そばの白い花が咲いていたそうですが、今は大半は輸入しています。
貴重な地元のそば粉が見つかったので、それを使いました! 小さな贅沢です。
今でも細々とそばを育ててくださっている人に感謝しなければ。。。

DSC01820.jpg


生産者名:Ca` di Frara
ワイン名:Pinot Grigio Raccolta Tardiva
ブドウ品種:ピーノ・グリージョ
ビンテージ:2011年
アルコール:13,5%
http://www.cadifrara.com/

にほんブログ村 イタリア料理(グルメ)



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

美幸さん、天才で~す。
おうちでこんなウマウマなご飯を作れるなんて、凄すぎます。今年こそ、食べに行きます。いつが暇なんですか?いいな~、このワインも飲んでみたい!!!

ちゃこ | URL | 2013/05/02 (Thu) 16:58 [編集]


ちゃこさ~~ん! あ、私の名前がばれてる(笑)!!
私には、ちゃこさんの手作り寿司のほうが魅力的ですけど。。。
絶対、絶対食べに来て~~! 
じゃ、ドゥオーモの本は送らず置いておこうかな??
送ってないけど、結構それを気にしてる小心者の私。。。

管理人より | URL | 2013/05/04 (Sat) 06:13 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。