FC2ブログ
 

イタリア料理とイタリアワイン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トスカーナの味を再現

トスカーナから戻って来て早、2週間余。。。
美味しかったトスカーナ料理を我が家で再現することに。

プリモ:ニンニクたっぷりのトマトソースのピーチ
セコンド:チンタ・セネーゼ(豚肉)のロースのロースト
ドルチェ:シナモンクッキー
ワイン:DOCG ロッソ・ディ・モンタルチーノ

シエナ県で食べる日本のうどんによく似たパスタ・ピーチを手作りすることにしました。
小麦粉とセモリナ粉、卵、水、オリーブオイル、塩少々を加え、パスタ生地を作り、冷蔵庫で1時間ほど寝かした後、生地を5ミリほどの厚さにのばし、細長く切ったら、掌で細めのうどんの大きさにのばして行きます。
これが大事。。。自分では細くしたつもりでも、茹でているうちに、ものすごく太くなってしまうから。

ソースはピーチの定番、たっぷりニンニクの効いたトマトソース。

DSC01572.jpg



メインは、トスカーナで手にしたイタリア一の豚:チンタ・セネーゼのロース肉。
チンタ・セネーゼは、口の中で溶けるような脂肪分が決め手です。
油を薄く引いたフライパンで、きつね色になるまでローストし、その後は薄皮の付いたままのニンニクと、一口大に切ったポテト、塩、オリーブオイルをかけて、オーブンへ。
日本でも、脂の乗った豚肉が手に入ったら、お試しください。

家人は豚肉の脂が苦手なのだけど、“それ食べなきゃもったいな~い、それが美味しいのよ~!”と叫ぶ私に、仕方なく従います。
でも口にして、その旨さ、実感! 家人も納得!
そもそも私は、アナタ、本当に日本人なの?と疑われるくらい、脂っこいものが好きなのです。

DSC01574.jpg


家中に漂う豚肉の匂い。。。あ、これ、トスカーナのお昼の匂い!
ポークって言った方がお洒落なのでしょうけど、これ、やっぱり豚肉って言った方がぴったり、なのです。
そうなのです、我が家中に立ちこめるこの匂い。。。。トスカーナの日曜日の昼下がりの匂いが強烈に蘇ってきました。
シエナに住んでいた、今から25年ほど前の、あの匂い。。。。

ワインもトスカーナで決めてみました。
ブルネッロの生産者として、あまりにも有名ですが、ロッソ・ディ・モンタルチーノも美味しいです。
後2年ぐらい寝かしても大丈夫そうですが、今でも十分納得できる味わい。とりわけ、チンタ・セネーゼのローストにはぴったりでした。豚肉の脂っこさと、心地よいタンニンが絶妙のマリアージュをかもし出します。

DSC01368.jpg

生産者名:Casanova di Neri
ブドウ品種:サンジョヴェーゼ
ビンテージ:2009年
アルコール:14%
http://www.casanovadineri.it/

キッチンの窓から見えるのは、向かいのマンションだけど、、、、、あの美しかったトスカーナの景色が脳裏に蘇ってきました。
エスプレッソコーヒーにシナモンクッキーを添えて。

DSC01575.jpg


にほんブログ村 イタリア料理(グルメ)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。